売却成立後に修理費用を請求したり、売却拒否で出張費用を請求されることがあります。

悪質業者の手口を公開-騙されないための基礎知識

MENU

【重機買取の真実】悪質業者の手口を公開-騙されないための基礎知識

 

悪質業者の手口

 

重機は中古でも巨額の金額が動くため、悪質な業者が無数に存在しています。
時には悪質業者に関わってしまい被害を受けてしまうこともあるでしょう。

 

そうした被害を防ぐためにも、悪質業者の手口を公開したいと思います。
悪質業者の手口を把握して騙されないように注意をしましょう。
騙されない基礎知識を身に着けて安全に重機売却を行ってみてください。

 

しつこい業者は悪質

悪質な業者はいろいろな部分で疑問が生まれます。
良くある悪質業者の手口としては、とにかくしつこいことです。

 

査定を依頼して金額だけ見積もりをもらうつもりでも、その場で売却契約をしつこく迫るケースはあります。
今すぐ売却を決めないと査定額が下がる、買い取れない可能性があると脅迫めいた交渉をして来ます。

 

さらには、査定額を見た後に考えると答えると、毎日のように電話でしつこく売却契約を迫って来るケースがあります。
うっとおしく感じてしまい売却をしてしまうケースもありますが、見積もりが他よりも低いので止めましょう。

 

手数料や出張料の上乗せ

他よりも高い査定を出してくれていても安心してはいけません。
そこから謎の手数料や出張料が上乗せされ、最終的には低い査定額になる恐れがあるのです。

 

良くある悪質手口が事務手数料で10%を差し引くパターンです。
例えば重機を100万で売却した際に、事務手数料として10万円が差し引かれているのです。

 

他にも事前に連絡が無かった出張料が上乗せされており、かなりの金額がマイナスされるかもしれません。
事前に通知の無い手数料や出張費が発生したら悪質な業者だと判断して良いでしょう。

 

売却成立後に修理費用請求

売却成立後にエンジンなどの修理費用を請求する悪質な手口もあります。
契約が成立した後なら修理費用を負担する必要はまったくありません。
こうした手口で困るのは、振り込まれる金額から修理費用が差し引かれている場合です。
明らかに契約に違反しているので訴えることも検討しましょう。

 

売却拒否で出張費用請求

査定額が低く売却を断った際に、出張費用や査定費用を請求されることもあります。
事前に出張費用などが有料だと話があれば別ですが、そうでない場合は支払う必要はないのです。

 

悪質な手口として、売却契約をする場合は無料になるが、そうでない場合は有料となるケースです。
ホームページなどには分かりにくく小さな字で書いてあることもあり、トラブルになりやすいので注意です。
事前に口コミを調査したり、有名では無い業者を利用したりする場合は気を付けましょう。

 

簡単メンテナンス術はこちら