高額査定を実現させる車体条件を把握しておき、業者の査定前に準備を整えておくと良いです。

高額重機買取を実現させるための車体条件~不動車でもOK

MENU

高額重機買取を実現させるための車体条件~不動車でもOK

作業服の男性

 

 

高額な重機買取を実現させるなら、車体条件も重要になって来ます。
当然ですが、動かない重機よりも動く重機の方が高額査定に繋がります。

 

もし、簡単な修理で動くようになるのであればメンテナンスしてから査定を受けると良いでしょう。
動作するかどうかで査定額が20万以上変化することもあるのです。

 

では、それ以外の車体条件にはどのようなものがあるのでしょうか?
高額査定を勝ち取るためにも、査定額をアップさせる車体条件を把握してみてください。

 

 

不動車でも高額査定になる

車体条件として良くない状態なのが不動車、つまりエンジンが掛からないものです。
エンジンが掛からないと廃棄するイメージしか湧きませんが、それはあくまでも日本での価値観です。

 

不動車であっても高額査定に繋がりますので、低価格の査定を受け入れてはいけません。
人気のメーカーや重機であれば使える部品を取り出して、海外へ輸出する方法があります。
エンジンが掛からなくても部品には高い価値があるため高額査定になる可能性を秘めています。

 

ここで注意したいのが、エンジンが掛からないことを理由に低い査定額を出されてしまうことです。

部品を取り出せば海外で高く売れる物を安く買い取られるのは損です。
重機単体で価値を見るのではなく、部品ごとの細かい単位で価値を見てみましょう。
そうすることで不当に低い査定額を回避することが出来るのです。

 

その他の車体条件

エンジンが掛かるかどうか以外に重要になるのが、重機としての役割を果たすかです。
例えばショベルカーであればアーム部分が正常に稼働するかが重要となります。
油圧ポンプやアームの動きが正常ではないなら査定にマイナスを付けられる恐れがあります。

 

もちろん、部品に分解して海外へ輸出する方法も存在しています。
しかし、正常に稼働する状態よりかはマイナス査定になるでしょう。

 

そこで大事になるのが重要部分の修理やメンテナンスです。
車体条件を少しでも良くするために最低限動くようにしておく方が無難です。
高額な修理費用が発生するケースは例外となりますが、大抵の場合は修理によって高額査定へと繋がります。

 

こうした売却時のことも考えると日頃から大切にメンテナンスしておく方が良いでしょう。
高額査定を実現させる車体条件を把握しておき、業者の査定前に準備を整えておくと良いです。

 

また、人気の車種を知ることも高額査定には欠かせません。